執事がいる

17.10.05

2017年10月、ちょっとだけハロウィンを意識してみました
20171005.jpg
なんていうか、絶対怪しい執事がいる家の玄関にありそうな感じで。怪物くんのあの、蝙蝠の人とかー
さんざしや、野ばらは「ホーンテッドマンションをイメージしてください」とお伝えしてみたところ、「そうそう!」な雰囲気に仕上がったので嬉しいです。

かぼちゃはマイクロミニパンプキン。一番ちっちちゃいものは、みかんくらい。大きさを比べるように、横並びにしてもかわいいなあと思います。

20171003.jpg
ネオンカラー入ってるアスターもほんとうにすてき。

お日さまが当たるところに飾っても、もちろんかわいいです。

秋のかご

17.09.10

2017年9月は「秋のかご」をテーマにおけいこをしました。

akikago3.JPG

取っ手付きのパニエは、取っ手を見せたほうがすてきだなと思うので、ぎゅっと詰めた感じで製作してもらうことも多いのです。けれど、今回はコスモスが入ったり、粟が垂れさがったり、「揺れ」を見せたかったので大きくつくりました。取っ手が長めなので、大きくつくっても、どこかからかちらちら見えるだろうと思ったりもして。

akikago2.jpg

イプピアジェの香りのよさ!貴婦人みたいな、落ち着くのに、同時にときめく。そんな香りです。

びっくり箱をあけよう

17.04.16

20170401.jpg

2017年4月は、蓋つきボックスのアレンジメントです。

蓋にステキな柄があるときには柄が見えるように角度やセットする向きを変えるのですが、今回は垂直に立てて前からちらっと蓋が見えるようにアレンジしてみました。

ミックスカラーは同じお花ばっかり入れてしまうと「はっ!」と気が付いたときに同じ場所に一つの色が固まっていたり、ラインのようになってしまったりします。集中すると、それに気が付かないことが多いんです。それで、「はっ!」とするんだけどもう手直しするお花がないということに。お花を入れる場所も、お花の種類も、最後までまんべんなくバランスよくアレンジすることがコツです。

びっくり箱を開けたらお花がぱーん!!と出てきた!!!というイメージで。
もこもこしすぎてしまうと、「ぱーん!!」とクラッカーのようにではなくて、「うにょうにょうにょ...」とスライムが出てきた雰囲気になってしまいます。元気に、クラッカーを目指しましょう。

ブーケをアレンジする

17.03.16

2017年3月は、お花を束ねてどさっと置いたイメージの「アレンジメント」です。

201703hp.jpg

パニエを使ってよりナチュラルにするのもいいなと思ったのですがいい枝物が見つからず、ZINCのプレートにどさりと置いたつもりで。
なので、ラフィアなどではなくリボンにしました。チューリップとリボンはお好きなものを。

気分的には写真にはこんなふうな↑加工をしたいのですけれど

20170302.JPG

作ってる時、わりと生徒さんからは「ロマンチックだわ!」という声があがっています。
ふわりふわりを強調するなら、こんな雰囲気。

すぐになくなっちゃう

17.02.10

2017年2月、やってきましたバレンタインシーズンです!
20170201.JPG
今年は、ナタリー・レテのプレートを使って、テーブルセンターを作ってもらいました。

題して「つまみ食いプレート」です。

つまみ食いしてほしいので、チョコレートも載せました。ねこ氏の顔が見えるようにちょこっとですけれど。
プレートはほかにも、くま・りす・とり、があって早い者勝ちで選んでもらいました。

春らしく、風を感じるリースのように。動物が楽しく暮らしている場所を再現するような気持ちです。
春のお花の(茎もふくめた)柔らかさを生かしてアレンジできるといいですね。

最新の投稿

17.10.05
執事がいる
17.09.10
秋のかご
17.04.16
びっくり箱をあけよう
17.03.16
ブーケをアレンジする
17.02.10
すぐになくなっちゃう
16.10.24
Happy Halloween
16.08.22
やわらかい向日葵
16.07.25
(ちいさいけれど)大作でした
16.05.08
思いっきり
16.03.14
狙ってる

以前の投稿

バックナンバー一覧はこちらから